ホーム > ソリューション・サービス > 公共・公益分野のソリューション > 科学計算システムソリューション

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

科学計算システムソリューション

概要

高度な研究・技術開発を支える科学計算ソリューションを提供します

新日鉄住金ソリューションズは、さまざまな社会インフラから科学技術システムまでを構築できる高度な技術力をもち、豊富な経験と実績があります。たとえば、官公庁や関連機関の研究所を中心に、 科学技術計算用HPCクラスタシステム、大規模グリッドコンピューティングシステムなど、高度な研究・技術開発に必要不可欠な科学計算システムソリューションを提供しています。

特徴

様々な研究分野に適した最先端の科学計算システムを提供します

(独) 日本原子力研究開発機構殿 並列計算機システム

光科学技術開発における超高速、超高密度、超高強度電磁現象のシミュレーションを行なう並列計算機システムをHPCクラスタによって構築しました。2GHzのデュアルコアプロセッサを搭載した演算ノード72台(1.15TFLOPS)で構成され、演算ノード間通信にはInfinibandを採用しました。CPUコアの演算性能に対して充分なメモリバンド幅とノード間通信帯域を確保し、密結合SMPに迫る高性能を実現しています。

(社) バイオ産業情報化コンソーシアム殿 分子シミュレーション用並列サーバ

巨大な膜蛋白質系に対する薬物の結合自由エネルギー計算を行なうための分子シミュレーション用並列サーバをHPCクラスタで構築しました。3.16GHzのクアッドコアプロセッサ2基を搭載した演算ノード128台(12.9TFLOPS)で構成され、演算ノード間通信にはInfinibandとEthernetを利用しています。マルチコアCPUの高い演算性能を有効に利用できるシステムです。

東京大学殿 アトラス実験地域解析センター計算機システム

アトラス実験はCERNの大型陽子・陽子衝突型加速器(LHC)で行なわれる素粒子物理学実験の国際的プロジェクトの一つです。各国の研究機関の計算機センターをグリッド・コンピューティング技術で接続し、巨大な観測装置から得られる膨大なデータを処理するとともに、各研究機関が競って解析を行ないます。日本の解析拠点として、東京大学素粒子物理国際研究センター殿に地域解析センター計算機システムを構築・納入しました。このシステムは700台以上のサーバ群と数ペタバイトに及ぶ大規模ストレージシステム等により構成されています。

日本原子力研究開発機構殿での導入事例

日本原子力研究開発機構殿での導入事例の図

ご提供サービス

専門領域に踏み込み、仕様設計段階から構築・保守までをカバーします

上記の科学計算システムソリューション以外にも、衛星データ処理用地上システム、データアーカイブ/配信システム、計測データ収集/解析システム、数値解析用並列分散処理システムなど、お客様の専門領域に踏み込んだ仕様設計によりシステムを具現化し、構築・保守までサポートいたします。

公共・公益分野のソリューション一覧へ戻る

ページ先頭へもどる