ホーム > ソリューション・サービス > 製造・消費分野のソリューション > mcframe 7

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

mcframe7

NSSOL X mcframe 7 の強み

夢で終わらせない、生産管理システムのグローバル展開

グローバルにビジネス展開する製造業は、目まぐるしく変わる外部環境に対応し国内外における競争を勝ち抜く為、グローバルに最適な生産体制を、クイックに確立し、変化に柔軟に対応していく事を求められていると考えています。新日鉄住金ソリューションズは、mcframe 7を用いたグローバル標準の基幹システム構築を通して、業務・システムの標準化によるグローバル管理体制の強化、統一されたコード・原価管理による正確で迅速な経営状況の把握、在庫・品質情報の一元管理による顧客満足度の向上を実現します。

製品概要

mcframeは1996年の誕生以来、製造業様の生産管理や原価管理活動を支える基幹システムとして、お客様とともに成長してきました。mcframe 7は、多くの導入プロジェクトや運用経験からのフィードバックを集約し、業務に最適なシステムをデザインしています。「生産管理」「販売管理」「原価管理」などの各種業務遂行だけでなく、マスタの改廃やグループ企業の統廃合などバリューチェーンの変化に追従できる柔軟さを備えながら、ユーザーにとって使いやすいシステムを提供しています。

mcframe7

【mcframe 7主要機能フロー】

mcframe主要機能フロー

工場の生産管理から、グローバルサプライチェーンの管理まで

mcframe 7は、一工場の生産管理から、サプライチェーン上の複数拠点を束ねたグループ共通の生産管理基盤としてもお使いいただけます。
各業界特有の業務特徴にも対応しており、食品、化学、医薬、化粧品などのプロセス製造業様や、電子、電機、産業機器、自動車部品などの組立加工の製造業様まで、あらゆる業務に適用できます。システム導入後の海外展開や事業の統廃合、市場の多様化、他システムとの連携など、ビジネス環境の変化にも柔軟に対応できます。

工場の生産管理から、グローバルサプライチェーンの管理まで

国内の工場でも、海外の工場でも

mcframe 7は、国内・海外の双方でご利用になれます。国内でのご利用においては、複雑な商流や流通チャネルを表現できる取引先管理や、外注先への有償支給/無償支給管理など、日本特有の業務要件に対応しています。
海外でのご利用においては、多言語での利用・多通貨での処理はもちろん、海外取引時のインボイス発行や、グループ会社間取引など、グローバルサプライチェーンのIT基盤として必要な機能を備えています。

国内の工場でも、海外の工場でも

あらゆる生産形態に対応

mcframe 7は、見込生産、受注生産、半見込生産など、あらゆる生産形態に対応しており、さらにそれらを組み合わせて利用できます。
月次/旬次/週次/日次の需要情報を集約して一元管理し、供給シミュレーションによる在庫バランスを確認した上で、供給依頼や計画引当を行えます。受注生産では設計変更やサミダレ手配に迅速に対応します。受注から製造、部材の調達まで製番縦串での進捗管理が可能です。

あらゆる生産形態に対応

ものづくりのスループットを最大化

市場を獲得するためには、売れるタイミングで製品を供給し、顧客ニーズに迅速に応えることが重要です。
mcframe 7は、顧客と自社、部門間のコミュニケーションロスを解決し、スループットの最大化に貢献します。EDI連携による受注業務や納期回答の迅速化、PLM連携による設計情報の反映、部品・ユニットの標準化による半見込生産化など、顧客や部門の壁を取り払い、迅速な情報共有・活用を可能にします。

ものづくりのスループットを最大化

企業グループの原価管理基盤として

mcframe 7は、全社部門、工場ごと、部門ごとなど、任意のグループごとに原価計算を実行し、分析・確認できます。また、グループ単位や個人単位でデータアクセスを制御し、複数会社での利用にも対応しています。さらに、計算ごとに評価基準を変更できるため、IFRS対応や管理会計、財務会計など、目的に応じた原価計算が可能です。

PDCAサイクルを支える4つの原価計算

原価管理のPDCAで製造業を支える

mcframe 7は、利用場面別のPDCAサイクルを実現し、高度なコストマネージメントによる原価管理活動を支援します。

原価シミュレーションで利益を創り込む

PDCAサイクルを支える4つの原価計算

mcframe 7では、利用場面に応じたPDCAサイクルを実現するため、4つの原価計算を提供しています。

原価管理のPDCAで製造業を支える

原価シミュレーションで利益を創り込む

ビジネス環境の変化に素早く対応するために、任意の条件に基づいて原価見積のシミュレーションが行えます。

原価内訳照会

出展元:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 mcframe.com
その他本文記載の会社名及び製品名は、それぞれ各社の商標又は登録商標です。

製造・消費分野のソリューション一覧へ戻る

ページ先頭へもどる