ホーム > ソリューション・サービス > 業務アプリケーション > 電子契約サービスCONTRACTHUB@absonne

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

電子契約サービスCONTRACTHUB@absonne

概要

電子契約サービスCONTRACTHUB(コントラクトハブ)@absonneは、電子署名法、電子帳簿保存法などの法的環境の整備と電子署名、タイムスタンプなど技術環境の整備を背景に急速に普及の進む電子契約をSaaS/ASP形態で簡単に導入できるサービスです。企業間の契約業務、受発注業務を煩瑣な紙作業から開放し、安心・確実・低価格でペーパレス化を実現できます。

特徴

1.オーダーメイド型電子契約サービス
電子契約導入を主導するサービスオーナー企業のニーズにあわせてカスタマイズすることができます。これにより、一層大きなコストダウン・省力化を期待できます。

  • オーダーメイドの例
    • 購買システムと電子契約サービスの連携による発注業務の自動化
    • 発注、検収などの画面構成をサービスオーナー企業や取引先のニーズにあわせて修正
    • 申請、発注、購買などの部門別権限設定
    • 契約に関する決裁ワークフローシステムと電子契約サービスの連携

[画像]購買システムと連携すると受発注業務が本当に楽になるんですね。

電子契約イメージ


2.取引先の参加を得やすい自由な契約・課金・運用形態
CONTRACTHUB@absonneでは、契約・課金・運用の自由度を増し、取引先にとって参加しやすいサービスとなるようにサービスオーナー企業が設定する余地を以下のように多く残しました。

  • 柔軟な課金形態
    電子契約サービスの利用料は、サービスオーナー(発注元)企業に一括課金します。このため、サービスオーナー企業が独自の判断で、取引先がご利用しやすいような利用料・課金形態を設定することができます。
  • 利用IDをサービスオーナー(発注元)企業が配布・管理できる使い勝手のよいサービス
    利用IDの配布・回収は、契約ユーザID数内であれば、サービスオーナー企業が自由に行うことができますので、急な新規取引や、一時的な取引であっても迅速に対応できます。

[画像]法令対応や取引先説明会もコンサルが手伝ってくれると安心だわ。

3.充実した立ち上げ支援サービス
CONTRACTHUB@absonneでは、弊社での利用実績をふまえ、様々な電子契約導入手続きに対する支援、契約書・説明書などの雛形提供などをコンサルティングサービスとして実施しています。

  • コンサルティングサービスの例
    • 既存システムとの連携や画面カスタマイズなどシステムコンサル
    • 取引先・自社内各部門に対する説明会開催支援
    • 電子帳簿保存、電子署名法など各種法令への対応支援
    • 国税への確認に関する支援
    • 電子契約を行うために必要な各種契約書、説明資料などの雛形提供

導入効果

1.コスト削減
電子契約の導入により、印紙税は一切不要になります。これ以外にも郵送費や書類の長期保管スペースが必要なくなり大幅なコスト削減を実現できます。

2.受発注/契約業務効率の向上
電子契約の導入により、受発注業務をペーパレス化できるため、印字・押印・郵送・保管など紙を取り扱う手間は大幅に削減できます。また、既存の購買システムと連携することにより、発注業務の大幅な自動化とスピードアップが期待できます。

3.コンプライアンス強化・契約書管理の徹底
CONTRACTHUB@absonneの利用にあたり、契約に関する内部統制をサービスに組み込むことにより、コンプライアンスの強化・契約書管理の徹底を実現できます。
例えば、システムインテグレータがソフトウェア開発請負契約を締結する時に、開発体制図やスケジュール表などの登録文書の添付を必須とし、チェック機能を組み込むことにより、ヌケ・モレのない契約締結が可能になります。また、契約書の自動更新のタイミングで、契約書の主管部門に更新確認メールを自動配信し、不要な契約書が自動的に更新されることを防止している事例もあります。

[画像]印紙税が不要になると、ずい分コストが減るなあ。

導入効果

資料ダウンロード
サービス紹介パンフレット(1.6MB)

関連サイト

業務アプリケーション一覧へ戻る

ページ先頭へもどる