ホーム > ソリューション・サービス > 業務アプリケーション > IFRS対応支援ソリューション > 連結統合基盤ソリューション

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

連結統合基盤

概要

IFRS対応を契機とする企業グループ経営のための連結統合基盤

IFRS適用後は、より一層企業グループとしての経営情報の開示が求められます。今後は、単体会計における日本基準での決算業務と並行して、IFRSに準拠した財務情報及び注記事項の作成が必要となり、財務部門の業務負荷は増大する一方です。
こうした中で、連結統合基盤は、単体会計と連結決算システムの間で財務情報を集約/加工する機能を設けることにより、IFRS時代の財務部門のニーズに応えます。

  • グループ企業から、仕訳帳及び補助簿等の会計データに加えて、各企業の取引システムが有する非会計データを合わせて、収集/蓄積することにより、IFRSに基づく財務情報を効率的に作成できます。
  • IFRS対応のために収集したデータに基づく様々な分析を実現し、グループ経営の高度化に資することが可能となります。

特長

IFRS対応の費用・要員負荷を抑制しつつ、グループ統制・財務情報開示をバランスよく達成。

複数会計基準に対応すべく、グループ企業全社の会計システムを複数帳簿対応に更改する、或いは、グループ企業全社にIFRS対応要員を配置するには、多くの費用と労力がかかります。また、各社の財務情報をどのように統制していくかは、大きな課題です。
連結統合基盤は、単体会計と連結決算システムの間で財務データを集約/加工することにより、グループのIFRS対応業務、情報、システムを集約化し、システム開発及び運用にかかる費用と対応要員配置にかかる負荷を低減します。

  • 明細レベルでのデータ収集と各種IFRS対応組替仕訳生成や配賦の自動化
  • 親会社/子会社が共通のシステム上で作業することによる効率的業務進行/分担
  • 手順の明確化、処理のシステム化による業務品質/統制水準の維持/改善

DivaSystem GEXSUSをベースシステムとして活用。

連結統合基盤は、株式会社ディーバのDivaSystem GEXSUSを活用しており、連結決算システムとして国内シェアNo.1の同社DivaSystem 9とのスムーズな連携も可能です。
連結統合基盤上の自動仕訳機構等については、効率的なシステム構築と運用が可能な弊社テンプレートを用意しています。
また、単体会計及び連結決算システムと連結統合基盤の連携については、弊社の豊富な会計システムの構築経験がお役に立ちます。
更に、補助簿などの会計データ及び、販売明細や在庫受払などの非会計データを任意定義領域に保持し、多角的なデータ活用を図る際には、弊社の管理会計、BI/CPMのノウハウが実践的なシステムの構築に貢献いたします。

連結統合基盤のしくみ

導入効果

  • 複数会計基準対応を各個社ではなく、連結統合基盤(DivaSystem GEXSUS)に集中化することで、システム開発コストを大幅に抑制。
  • 同時に、IFRS対応の集中化、システム化により、IFRS対応要員の配置/負荷を軽減。
  • 明細レベルからの会計情報の把握による企業グループとしてのガバナンス/統制水準の維持/改善。
  • IFRS時代に必要となるグループ管理会計の情報基盤を確立。

ソリューションを構成するプロダクト

IFRS対応支援ソリューション一覧へ戻る

ページ先頭へもどる