ホーム > ソリューション・サービス > 業務アプリケーション > データ活用のための業務・組織の検討支援サービス

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

データ活用のための業務・組織の検討支援サービス

概要

データ分析システムの検討時に必要な、データ活用のための業務・組織について検討の支援をいたします

情報活用のためのITプラットフォーム構築に際して、本格的に活用していくには、データ活用のための業務・組織の検討が欠かせません。データ分析は組織全体のテーマになるため、どのような体制・役割・スキルで情報活用・分析を行って行くのかを明らかにすることによって、データ分析の定着・利用範囲の拡大のプランを作成することができます。また、BI/DWHの再構築の際などに、その活用の業務・組織を再整理し、よりデータ活用が進む状態を目指すことができます。

特徴

システム環境、ITガバナンス、人・組織の3つの視点から、課題を抽出します

データ分析の業務・組織に関しては、分析に直接携わる、いわゆるユーザー以外にも、分析用のツールやデータを整備するような役割も必要になります。このような役割も含めた形で、バランス良く課題を抽出して、今後の施策検討へ繋げていきます。

ITスキル、ビジネススキル、データ分析スキルの役割分担を検討します。

データをしっかりと活用していくためには、ITスキル、ビジネススキル、データ分析スキルといった幅広いスキルが必要になります。すべてのスキルを備えた人材を育成していくことは現実的にはとても困難なため、組織全体としてこれらのスキルをどう確保してくかを検討することになります。このような検討を行うことで、各企業が目指すべきデータ活用体制が見えてきます。

データ活用のための業務・組織をきちんと考慮したシステム要件を検討します

データ活用のための業務・組織が明らかになると、システム機能として実装すべきものが見えてきます。単純にデータを蓄積・分析する機能だけでなく、データの管理、業務・組織間のコミュニケーション、セキュリティなどを考慮したシステムにすることで、データ活用が進みやすい環境を用意することができます。

進め方

進め方の例は以下のような形になります。

進め方

業務アプリケーション一覧へ戻る

ページ先頭へもどる