ホーム > ニュース・プレスリリース > 2018年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2018年5月24日
新日鉄住金ソリューションズ株式会社

スターフライヤー、9年連続顧客満足度第1位のその先へ、『攻めのIT』と『守りのIT』の両立を求めNSFITOSを採用

新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下NSSOL)は、株式会社スターフライヤー(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:松石 禎己、以下 スターフライヤー)にITインフラの包括的ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」(エヌエスフィットス)を提供しました。マネージド・クラウドサービスabsonne(アブソンヌ)、北九州データセンター、運用サービスemerald(エメラルド)を包括的に提供することで、システムの可用性の向上に加え、IT部門の運用負荷を大幅に削減しました。これにより、IT部門が「攻めのIT」に向けて、ビジネス成長に寄与する戦略企画業務に注力することが可能になりました。

2002年設立の航空会社スターフライヤーは、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査の国内航空業種で9年連続第1位を獲得するなど、高品質なサービスによって利用者の支持を拡大しています。同社は中期経営戦略「"らしさ"の追求2020」の第一段階として経営基盤の強化を、第二段階として持続的成長を掲げました。それに基づく情報システム戦略の最優先事項として、「IT基盤の安定」と持続的成長に向けた「攻めのIT」の遂行に取り組みました。しかし、ITインフラの運用管理に人手が取られており、新たな施策に着手できないことが課題となっていました。

スターフライヤーは上記の課題を解決するために、absonneの信頼性や移行の容易性、高品質なエンジニアリングと運用サービスを理由に、NSSOLの包括的ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を採用しました。NSSOLは旧データセンターと北九州データセンターを連携し、安全かつスムーズに既存システムをabsonneに移行し、2017年3月末の本番稼働以降、安定稼働させています。また、移行作業に並行して既存システムの運用業務を見える化し、標準化やドキュメント化を進め、スターフライヤーの運用業務の属人化を解消しました。スターフライヤーはアウトソーシングにより運用業務の負担を大幅に削減し、攻めのITへ向けた戦略企画業務に注力できる環境を整えることができました。

NSSOLはこれからもお客様のITパートナーとして企業価値向上に貢献するべく、時代の変化に対応した最適なソリューションを提供して参ります。

以上

【事例】9年連続顧客満足度第1位のその先へ 攻めと守りのITの両立求めアウトソーシング(PDFファイル:676KB)

  • NSSOL、NS Solutions、NS(ロゴ)、NSFITOS、absonneは、新日鉄住金ソリューションズ株式会社の登録商標です。
  • 本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部 営業本部 営業企画部
TEL:0120-42-1255
メールでお問い合わせ

【報道関係お問い合わせ先】

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
総務部 広報・IR室 鹿島
TEL:03-5117-5532
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる