ホーム > 事例・ショーケース > ユーザー事例 > マーケティング力のさらなる強化へ5000名が利用する情報分析基盤を刷新

事例・ショーケース Case Study

ユーザー事例

産業・流通ソリューション

株式会社資生堂様

マーケティング力のさらなる強化へ
5000名が利用する情報分析基盤を刷新

プロジェクト概要

背景

マーケティング力のさらなる強化へ、情報分析基盤「B-NASS」を刷新し、顧客管理システム「SOL」と統合する。利便性や処理性能を改善し、営業担当者が販売施策をより綿密・迅速に取引先へ提案できるようにしたいと考えた。

ソリューション

ITパートナーに改めて選択した新日鉄住金ソリューションズと一体になり、最新CPU搭載サーバーや並列処理などの最新技術を投入し、性能と拡張性を確保。約1000画面/3000ジョブに及ぶ機能を改良・チューニングする。

成果

取引先ごとのデータを一覧できるモニタリング機能などを備え、20~30分かかった複雑な処理も数秒で終わる完成度が高く高性能なシステムが稼働。より綿密・迅速なマーケティングやマネジメントを行う土台を強化できた。

マーケティングのさらなる強化に向けて情報分析基盤の刷新を検討

「美しい生活文化の創造」を企業理念に掲げ、化粧品市場で国内トップシェアを堅持する資生堂。ブランド事業と地域事業のマトリックス組織を本格稼働させるため、2016年1月からグローバル本社機能を果たす新・資生堂を軸に事業を推進している。
資生堂がマーケティング力のさらなる強化へ情報分析基盤「B-NASS」(ビーナス)の刷新を検討したのは2013年秋である。同システムは2008年から、小売店の店頭売り上げ向上をサポートするため、市場データを収集・分析してきたが、追加開発によって機能が複雑化。取り扱いデータ量も急増したため、性能改善が課題になっていた。そこで同社はシステムの保守期限到来を契機に大幅な刷新を検討。顧客管理システム「SOL」を統合しながら、利便性や処理性能を抜本的に向上させたいと考えた。

改めてNSSOLをITパートナーに選択、最新技術を積極的に投入

資生堂はITベンダー5社に新システムの提案を依頼。B-NASSを構築した新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)を改めてITパートナーに選択する。
プロジェクトは2014年8月にスタートした。新システムでは最新技術を積極的に導入して基盤部分を刷新し、将来にわたる拡張性を確保。併せて要件を基にシステムの機能を整理して改良・チューニングを行った。最新技術としてはまずNSSOLの精緻な事前検証を基に、IBMの最新CPU「POWER8」を搭載したUNIXサーバーと高速なオールフラッシュストレージを採用。さらにOracle RACをベースに複数のデータ処理フェーズのDBを統合してリソース活用を最大化すると同時にインメモリー並列処理による高速化を図っている。NSSOLは2015年1月までに約1000画面/3000ジョブを移行した。

より綿密・迅速なマーケティングやマネジメントを行う土台をさらに強化

新情報分析基盤「B-NASS+」(ビーナスプラス)は、移行後の10カ月に及ぶ機能の改良・チューニングを経て2015年11月からB-NASSとの並行稼働を実施。実データを使ったシステム利用者教育の後、2016年1月に本格運用を開始している。成果は幅広い。利便性の面では、取引先ごとのデータを一覧できるモニタリング機能の装備や、商談に使う提案書テンプレートの拡充、詳細な顧客分析機能の強化などによって、営業担当者はより綿密な提案が可能になった。処理性能の面では、以前20~30分かかった処理が数秒で完了するといった飛躍的な高速化によって仮説検証サイクルがより迅速化している。資生堂はB-NASS+により、マーケティングやマネジメントの土台をさらに強化。店頭売り上げ向上をこれまで以上に効果的にサポートする体制を整えた。

コアテクノロジー
ビッグデータ、BI(ビジネスインテリジェンス)、データウエアハウス、Oracle製品の知見と実績、In-Memory Parallel Query、プロジェクトマネジメント、POWER8、オールフラッシュストレージ
システム概要
●サーバー:DBサーバー×4(IBM Power System S824)、APサーバー×6(IBM System x3550)など
●ミドルウエア:Oracle Business Intelligence Enterprise Edition Plus、Oracle Real Application Clusters(RAC)
●ストレージ:IBM FlashSystem 840

株式会社資生堂様

株式会社資生堂様
株式会社資生堂様
本店:東京都中央区銀座7-5-5
創業・設立:1872年、1927年
資本金:645億円(2015年12月31日現在)

資生堂ジャパン株式会社様
本店:東京都中央区銀座7-5-5
資本金:1億円(2015年12月31日現在)

※ユーザー事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

ユーザー事例トップへ戻る

  • Get ADOBE READER

    ADOBE READERについて
    PDFファイルを表示するには「ADOBE READER」(無料)が必要です。

ページ先頭へもどる