ホーム > 事例・ショーケース > ユーザー事例 > 制御事業グローバルNo.1へ構造改革 アウトソーシングでIT部門の企画力を強化

事例・ショーケース Case Study

ユーザー事例

ITインフラソリューション

横河電機株式会社様

制御事業グローバルNo.1へ構造改革
アウトソーシングでIT部門の企画力を強化

プロジェクト概要

背景

中期経営計画に基づくビジネス構造改革の一環として、IT部門の体制を変革。IT戦略の立案とIT企画の推進業務へのIT人財のシフト、ITインフラの最適化、災害対策強化、ITサービス品質の向上などを実現したいと考えた。

ソリューション

新日鉄住金ソリューションズが提供する包括的IT アウトソーシングサービス「NSFITOS」を選択して、NSSOL新鋭データセンターとクラウド(absonne)の活用を推進。ITインフラ運用業務は外部委託する。

成果

IT部門がIT戦略の立案とIT企画の推進に集中し、 NSSOLが運用を担う新たなIT部門としての体制を構築した。運用リエンジニアリングで品質向上とコスト削減を実現。今後も、持続的に各種施策を推進していく。

ビジネス構造改革の一環としてITアウトソーシングを検討

生産制御システム、伝送器などの制御事業におけるグローバルNo.1カンパニーを目指して事業拡大を推進する横河電機。2011年度から開始した中期経営計画のもと、本社機能の最適化をはじめとする幅広いビジネス構造改革を行ってきた。その構造改革の一環として同社IT部門が策定したIT戦略「Global IT Strategy」では、IT戦略を立案/IT企画を推進する業務へのIT人財のシフト、ITインフラの最適化、災害対策強化やITサービス品質向上などを目標に設定。その実現に向けて2012年、運用移管(ITインフラ運用業務の外部委託)、IT機能統合(クラウド技術、外部データセンター(DC)の活用によるI Tインフラの最適化)、資産移管(クラウドサービスへの移行)、要員移管(運用人財の外部化)の4領域にわたる要件をまとめてIT事業者に提案を求めた。

NSSOLの「NSFITOS」を選択、同社DCやクラウドも活用

横河電機は複数の事業者から最も高い水準で要件に対応した新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)をITパートナーに選択。IT部門の体制を抜本的に見直すため、NSSOLの包括的ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」(エヌエスフィットス)をベースにし、NSSOLのDCやクラウドITインフラサービス「absonne Enterprise CloudService(以下、absonne)」(アブソンヌ・エンタープライズ・クラウド・サービス)などを活用したITインフラの刷新を決める。プロジェクトは2013年7月にスタート。社内および災害対策センターにあったオンプレミス環境のサーバー約1000台については、NSSOLDCへの移設、仮想化環境への統合などを段階的に実施している。運用業務では、標準化や自動化などの運用リエンジニアリングを行い、品質向上とコスト削減を実現した。

IT部門がIT戦略の立案とIT企画の推進に集中する新体制を構築

2015年4月から横河電機は新体制で業務を開始。運用業務に携わっていたIT人財は運用のプロフェッショナルとしてNSSOLが受け入れ、本社IT部門の人財はIT戦略の立案とIT企画の推進といったコア業務に集中する体制を構築した。
横河電機は今後も、新中期経営計画「Transformation 2017」の達成に向けて各種施策を強化していく。ITインフラの最適化についてはabsonneを活用して2018年まで持続的に、仮想化統合による物理サーバーの削減およびIT資産のオフバランス化を行い、ITサービスの品質向上とITコストの削減を実現する。また、事業継続性向上のため、NSSOL 災害対策センターの活用、およびabsonneの機能によって災害対策の強化を加速していく計画である。

コアテクノロジー
ITアウトソーシング、システム移行・移設、標準化、クラウドサービス
システム概要
●移設サーバー:約1000台
●ITアウトソーシングサービス:NSFITOS
●クラウドサービス:absonne Enterprise Cloud Service
●データセンター:新日鉄住金ソリューションズ データセンター

横河電機株式会社様

横河電機株式会社様
横河電機株式会社様
本社:東京都武蔵野市中町2-9-32
創立・設立:1915年・1920年
資本金:434億円(2015年3月31日現在)
売上高:連結4058億円(2015年3月期)
従業員数:単独2871名/連結1万9601名(2015年3月31日現在)
グループ会社:子会社84社、関連会社3社(2015年3月31日現在)

※ユーザー事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

ユーザー事例トップへ戻る

  • Get ADOBE READER

    ADOBE READERについて
    PDFファイルを表示するには「ADOBE READER」(無料)が必要です。

ページ先頭へもどる