「IT組織の変革」をご支援します ITアウトソーシングのご提案 コア業務 貴重な人材をコア業務にシフト × IT導入・運用・保守 サービスレベルの最適化とコスト削減

今、変革が求められるIT組織のミッション

これまで長い間IT組織が果たしてきたミッションはおおよそ次の3つに集約されます。

  1. 1. 経営戦略及び事業戦略を理解し、IT戦略を策定
  2. 2. 事業部門が行った要件定義に沿って、IT導入(開発・構築)を実施
  3. 3. 導入したITの運用・保守を安定させ、コスト削減を実現

誤解を恐れずに言えば、これらのミッションは、『守りのミッション』と呼ぶ事ができます

新たに加わる「攻めのミッション」

しかし、大半の業務がコンピュータシステム化され、且つITが急激に進化している現代において、IT組織が果たすべきミッションにも変化が求められていると当社は考えます。
特に大きく変化したのは、急激に進化したITを利用した

  1. 1. IT組織発の新規事業企画、商品・サービス開発等の積極的なビジネス企画・立案
  2. 2. 事業部門に対する業務改革の積極的なリード・支援

の2点ではないでしょうか。
これらの新たなミッションを『攻めのミッション』と呼ぶならば、現在のIT組織は、従来の『守りのミッション』に新たな『攻めのミッション』が加わり、果たすべき役割や重要性は日々複雑化・高度化してきていると言えます。
しかし、必ずしも果たすべき『攻めのミッション』が実現できているとは限りません。
では、『攻めのミッション』の実現を阻害しているものは何でしょうか?

攻めのミッションを阻害する原因「人材の量的・質的不足」

当社は、その原因を以下のように考えます。

  1. 1. 『攻めのミッション』を担う事ができる高度なITスキルや資質を持つ人材が不足している。
  2. 2. IT要員の大半は、IT導入(開発・構築)、運用・保守に日々追われており、『攻めのミッション』に対応する時間的余裕が無い。

つまり、ITの急激な進展とIT組織のギャップが『人材の量的・質的不足』という形で表れていると考えます。
この原因に対する解決策のひとつとして当社は【ITアウトソーシング】を提案します。
当社のITアウトソーシングサービスは、まず、お客様のIT組織の業務を分析し、コア業務、ノンコア業務に分類します。そして、ノンコア業務を当社に業務移管していただきます。これにより、お客様はこれまでノンコア業務に従事していた人員をコア業務にシフトすることができ【攻めのミッション】をより強力に遂行することが可能になります。更に、ノンコア業務を委託された当社は、【サービスレベルの最適化】を図り、【コスト削減】を実現することでお客様に貢献して参ります。

IT組織の業務
人材シフト ノンコア業務の移管によって、IT導入(開発・構築)、運用・保守を担っていたIT要員の一部をコア業務にシフト コア業務 事業戦略策定IT戦略策定 IT企画 人的資源管理セキュリティ管理 事業継続計画コンプライアンス ノンコア業務 IT導入(開発・構築) IT運用・保守
SIer
サービスレベル最適化 コスト削減 ノンコア業務 IT導入(開発・構築) IT運用・保守

ITアウトソーシングを包括的に実現する 「NSFITOS(エヌエスフィットス)

更に、この【ITアウトソーシング】を包括的に実現するソリューションが、当社の包括的ITアウトソーシング【NSFITOS】です。【NSFITOS】は、『セキュアなデータセンター』に『クラウド基盤「absonne」』をコアとするIT環境を構築し、『標準化されたITOフレームワーク』に基づいて、『人的資源シフト』、『サービスレベル最適化』、『コスト削減』を実現します。

NSFITOS Framework-based IT Outsourcing Sevice セキュアな次世代型データセンター【第5データセンター】 企業システムとしての利用に耐えうるクラウド基盤【absonne】 半世紀以上の運用実績から生まれた運用の集大成であり、プロジェクトを成功に導くフレームワーク

ITアウトソーシングは、BIGプロジェクトとなり、成功に導くには様々なノウハウが必要となります。
半世紀以上にわたる新日鉄住金向けのシステム運用をはじめ、300社以上の運用を手掛けた実績から生まれた当社の【ITOフレームワーク】は、ITILをベースとした運用フレームワークに、当社が持つITアウトソ-シングを成功に導くノウハウを加えたフレームワークです。

ITアウトソーシングを成功に導くプロジェクトフレームワーク ITOフレームワーク サービスレベル最適化・コスト削減を実現する運用フレームワーク ノンコア業務 サービスレベル最適化 コスト削減

当社はこの【ITOフレームワーク】により、お客様のITアウトソーシンングを成功に導きます。

著書紹介

『経営・事業・ITの三者で進めるITマネジメントの新機軸』

『経営・事業・ITの三者で進める
ITマネジメントの新機軸』

<著者>
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部
ITサービス事業部 部長 向正道

近年、企業ではさまざまな業務プロセスにITが組み込まれ、ITなくして企業の活動は難しいといっても過言ではありません。そのため、ITや情報システムをどのように最適化し、どの程度資源配分を行うかが、企業における大きな課題となっています。
 本書は、著者と多くの企業のご担当者や研究者の方々とのディスカッションをもとに、経営・事業・ITの3つの視点からどのように企業のIT資源をマネジメントするかについてまとめたものです。
 国内ではITに関する企画・構想のための書籍がまだまだ限られている中での貴重な著書と思われます。是非、ご一読いただきみなさまの業務にお役立てください。

ページ先頭へもどる