ホーム > 投資家向け情報 > 基本方針

投資家向け情報 Investor Relations

基本方針

1.情報開示の基準

当社は、投資家の皆様に、会社法、金融商品取引法、その他の法令及び当社が有価証券を上場している金融商品取引所の定める適時開示に関する規則等を遵守し、これらに沿って情報開示を行います。又、適時開示規則に該当する情報に加え、投資家の皆様が投資判断を行う際に有益な情報についても、可能な範囲で積極的に開示いたします。

2.情報開示の方法

会社法により開示が求められる情報(事業報告等)については、株主の皆様に送付するとともに、速やかに当社ウェブサイトに掲載する等、適切な方法により開示いたします。金融商品取引法や金融商品取引所の定める適時開示に関する規則等により開示が求められる情報については、金融庁の電子開示システム「EDINET」や、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム「TDnet」を通じて開示するとともに、各種報道機関に対しても公開いたします。また、当該情報を公平且つ広く投資家の皆様にお伝 えできるよう、当ホームページにも掲載いたします。

3.沈黙期間

当社では、決算情報の開示に関する公平性を担保する趣旨から、決算期日の翌日から決算発表まで「沈黙期間」を設け、決算に関するコメント・質問への回答を控えておりますのでご了承下さい。但し、適時開示規則に該当するような大幅な業績変動等が想定された場合には、上記「2.情報開示の方法」に従い、すみやかに情報開示を行います。

ページ先頭へもどる