Recruit

質問しました

プロジェクトを牽引する


初リーダーを務めた案件が、
鉄道業界注目の事例に。

業務ソリューション事業部 システムエンジニアリング第二部 第二グループ[2009年入社]
横井 良紀

この会社を選んだ理由は?

 中部地区に拠点を置くIT系の会社を探していて、NSソリューションズ中部のホームページをたまたま発見しました。
 会社説明会に参加したところ、「製鉄所で24時間365日稼働するシステムを我々が開発・運用している」と知り、感銘を受けました。また、一般企業を対象としたシステム開発事業も手がけていることにも興味を持ち、応募しました。
 採用ステップが進む中で、NSソリューションズ中部と他のSIer、また新日本製鐵(当時)などの企業を調査・比較検討。東海圏に根差し、地場産業に影響を与える規模のビジネスに関わっている会社であること、配属先が名古屋市または東海市であることから、「ここでなら、東海圏の産業に貢献できるかもしれない」と考え、入社を決意しました。

実際に働いてみてどうですか?

 IT系なので業務に波があり、繁忙期と閑散期で忙しさが全く異なることは、予想していた通りでした。また、会社説明会で「研修が多く設けてあり、社員の育成に力を入れている」と聞いていましたが、その通りに (思った以上に) 研修が多く、力を入れていると感じました。
 入社前のイメージと違っていたのは、IT企業に対して抱いていた「おしゃれな仕事」ではなく、実際は地に足を付けた実直な業務であった点。PCの前でカタカタしてるだけのイメージでしたが、むしろお客様とコミュニケーションを取る機会の方が多いことも驚きでした。
 また、私が考えていた社会人は、上司・部下の関係が怒鳴られたりするドロドロとしたイメージか、逆にきわめてビジネスライクなサバサバしたイメージでしたが、少なくとも私の場合は、育成の立場からの的確な助言・指導が得られる恵まれた環境でした。

現在の仕事内容は?

 主に鉄道会社向け案件を担当しています。
 中長期的に見ると、お客様の真のニーズを見つけ出す役割。プロジェクト単位に見ると、プロジェクト全体を見渡して円滑に進められるよう策を考え、実行に移すチームリーダーの役割を担っています。
鉄道の、より快適な運転・運行に役立つ仕事であり、ふだん自分が利用するものであるがゆえに、より自分自身の達成感を感じられる仕事です。
 心がけているのは、「お客様と同じ方向を向かない」こと。お客様のイエスマンにならない、お客様の言うことを鵜呑みにしないという意味です。自分がSIerである以上、お客様と向かい合って、お客様のやりたいことをSIerの知見で考え、最適な案を提示し、実現することが責務であると考えています。「お客様のおっしゃったこと」の実現では、我々は価値を創造していません。「お客様のおっしゃったことを受けて我々が考えたこと」になって、初めて価値を創造できるのです。
 また、誰が見ても理解できる文書を作成すること(図解の多用、一意の文章作成など)や、仕事を効率化・自動化すること、自分の仕事を他の人ができるようにすること、仕事を通じて知見を醸成すること(まずはメモとして書き溜めることから)を意識して仕事に臨んでいます。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 新人の頃、右も左もわからない中で、先輩の指導を受けながら設計を担当しました。当然、設計には先輩の力が大きかったのですが、お客様の使用環境下でのテスト実施中に、お客様から「この画面は使いやすい」などシステムに対するお褒めの言葉をいただいたとき、「自分はこの人たちの役に立てた」という思いがしました。
 また、最近担当した「列車の運転を解析する機能追加」の案件がお客様の中で高く評価され、お客様の業務研究発表会での発表や、お客様のグループ会社全社での紹介、鉄道新聞への掲載など、新しい取り組み事例として紹介された話を聞きました。私自身、初めてプロジェクトリーダーとして全体を統括しながら、その機能の開発を自分で担当したため、自分がお客様に大きく貢献できたという実感がありました。
 繁忙期に残業が続いたり、プロジェクトの進め方やリスクに対する考え方がプロジェクトマネージャーと異なるときなどは苦労しますが、遊んでストレス解消したり、自分の考えを徹底的に主張するなど、自分なりの解決方法を見つけています。

これからの目標はどんなことですか?

 名古屋の産業を支える仕事がしたいです。

職場や会社の気に入っているところは?

 鉄道関係のお客様がたまたま多いのですが、私自身、鉄道が結構好きなので、楽しんで業務に臨めています。お客様と直接お話しできる立場で仕事ができるようになると、より面白味が増します。
 職場は部署間の壁があまりなく、同じ職場の誰にでもすぐに話しかけられるし、答えてくれます。先輩・後輩ともにいい人が多く、尊敬すべき人もたくさん。その半面、ムダに絡んでくる人がいない点も気に入っています(笑)。職場のフロアが改装されてきれいになったことや、初年度から20日間の有休休暇・リフレッシュ連9もあり、快適に働ける環境。大企業じゃないので、幹部層とお話しする機会が比較的ある点も、この会社のよさだと思います。

これから入社する人へのメッセージ

 この会社に入社したら、まずは目の前の仕事を頑張れば大丈夫です。また、その頑張りが3年後、5年後に活きてくる会社です。一緒に頑張って、お客様の想いを実現していきましょう。


お客様から感謝されて、苦労が報われます!

鉄鋼ソリューション事業部 第三統括グループ 厚板グループ[2009年入社]
小保木 佑太

この会社を選んだ理由は?

 少し古い表現ですが(笑)、私は「手に職をつける(≒情報技術分野のエキスパート)として活躍したい」という目的を持ち情報技術系の大学に進学しました。その為、就職先もこれまで学んだIT技術を生かせる会社を希望していました。そもそもモノづくり自体が好きだったのと、プログラミングの特徴でもありますが、しっかり考えてつくれば自分の描いた通りの動きを普遍的に返してくれる点が、きっちりしていないと気がすまない自分としては性に合っていたのかなと思います。
 非常に多く存在する中部圏のIT企業の中で、最終的にこの会社を選んだ理由は、実は私の担当教授がNSソリューションズ中部の元社員であり、学校側が講師として招いた人だったのです!その先生から勧められたという点が大きかったですね。また、中部地区で働けることも大きな理由でした。私の両親は岐阜県に住んでいるのですが、できれば両親の近くで働いていたいという思いもあり、それはすなわち地元に貢献できる事でもある点も魅力的でした。

実際に働いてみてどうですか?

 研修が予想以上に充実していました。もともと研修サポートが豊富な会社だとは聞いていたのですが、その研修先の多くが東京である点は想定外でしたね。新日鉄住金ソリューションズグループの「人が最大の財産」というコンセプトに沿う充実した内容に最初は驚きました。一方で、それら数々の研修も受け身姿勢では効果が出ないと実感する事も出来ました。「自ら学ぶ」という社会人として当然の姿勢も自ずと身に付く内容で、そういった面からも大変充実したメニューだと思っています。仕事自体は、入社した当初1年程度はプログラミングがメインでしたが、基本を身に着けると直ぐに、企画・検討・設計業務に思いのほか早くから携われた事も意外でした。「自分はシステムエンジニアなんだ」と背筋を伸ばせた事を覚えています。

現在の仕事内容は?

 「厚板」という新日鐵住金名古屋製鐵所殿では主力となる鋼板を製造している工場のシステム全般を担当しています。長い歴史をもつ名古屋製鐵所殿では、40年以上動いている一部機能も実際のところまだまだ現役だったりもしますが、一方では世の中の最新技術も、ニーズに合致すれば積極的に採用するというスタンスが、かなり刺激的です。新日鐵住金殿をITで支えている新日鉄住金ソリューションズ自体が、業界にはとても珍しくシステム研究開発センターを独自で保有している程、技術面で大変力を入れており、今後もお客様に対する新技術の提案や検討には積極的に取り組んでいきたいと思います。
 また、常に意識している事は、課題の本質を徹底して追及する事。具体的に言えばお客様との打ち合わせで上がる課題について「なぜ?」を繰りかえす事で本質を見つけるようと常に意識する事です。それを明確にした上で、真の問題は何なのかを考え、それを解決する為の方策をチーム一体となって検討し、提案していきます。
 もう一つ大事にしている事は、必ず工場等の現場に出て実態を正確に把握することです。実際の現場を見ないことには、どのようにシステムが使われているかを正確に把握できません。また現場の方々から見れば常態化してしまっている為に問題と認識出来なくても、我々の目から見れば大きく改善できる事柄に気づくこともできるのです。コンサルティング?までは言い過ぎですが、様々なたくさんの目で見ることでの気づきや発見は、ソリューションの基本なのだと意識する点を大事にしています。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 うれしかったのは、やはりお客様から感謝されたときですね。たいへんな事でも最後まで精いっぱい取り組んでよかったなと思いました。

これからの目標はどんなことですか?

 世界トップクラスの製鉄会社における超大規模なシステムに携わる事で、その高度な仕組み故の課題も段々と見えてきました。これまで培ってきた経験を元に、もっともっと使いやすくて効率的で安定したシステムの実現に向けて、お客様と一体になって日々取り組んでいきたいです。

職場や会社の気に入っているところは?

 職場は明るい方が多く、同僚や先輩もやさしくて、非常に風通しが良い雰囲気です。
 若手同士も仲がいいので、食事に行ったり休日は遊びに行ったりしています。単なる同僚に留まらない、プライベートでも気の合う仲間がたくさんできました。
 また、独身寮制度は安価で且つ環境の良い物件を選択できる制度になっている点も嬉しいですね。

これから入社する人へのメッセージ

 どんな仕事も同じですが、システム構築についても苦労は伴います。ピーク性もありますし、突発トラブルに伴う緊急連絡もゼロではありませんが、当社ではそれ以上のやりがいと自己成長できる環境が整っています。当社の社名にある「ソリューション」とは「問題解決」という意味です。困っている事を見過ごせない方は、私と一緒に困っている人を助けませんか?


お客様以上にお客様を知り尽くし、
誰も気づかない本質を見抜く。
そこに我々の価値がある。

鉄鋼ソリューション事業部 第二統括グループリーダー[1998年度入社]
梅村 栄治

入社後の経歴は?

 一貫して新日鐵住金名古屋製鐵所殿向けのシステム構築に携わっています。
 製鐵所内は、複数の工場・部門に分かれているのですが、その一つ一つが非常に大規模で複雑、且つ高度です。そのような理由から特定領域の専属として仕事を続ける方も多い中で、私の場合は一般管理、製銑、出荷、薄板と担当を変えながら学び続け、様々な個別知識を吸収してきました。
 その経験が、グループを統括する立場となった今、製鐵所全体における製造の流れに対する、幅広く深い理解につながっています。

担当グループの概要と業務内容は?

 新日鐵住金名古屋製鐵所殿で製造する薄板製品(自動車用鋼板、家電、缶などを用途とする主力製品)の生産管理システム・物流システムを対象とした、企画・開発・運用保守が主な業務です。
 そんな我々が目指すべき姿を表現するとすれば、複雑で高度、且つ大規模なシステムを安定的に運用・保守していく事はもちろん、それを通じて製鉄業に関する業務知識を蓄え、お客様にとって有効な提案が出来るレベルにまで知識や技術を高める事で、お客様のベストソリューションパートナーとして業務部門から頼られる職場であり続けること。
 そのために、鉄の「モノづくり思想」をグループ全員が理解し、 24時間365日休むことなく稼働する現場をシステム面から支え、お互いに協力し合いながら、人とシステムがともに成長し続けていくことを目指しています。

現在最も力を入れている取り組みは?

 統括グループリーダーとして、人材育成に重点を置いています。
 特に、企画提案力とプロジェクト実行力を備え、それらを活用し様々な案件を主導的に推進できる人材を育成することを目指しています。 社員一人ひとりが、知識だけではない「人間的な成長」を果たし、自立して実行できるよう、側面から支援していくことが大切だと考えています。
 また、現行システムを支えるための、運用・保守に関するスキルの底上げにも力を入れています。システムの主要な機能の運用・保守は、知識や経験が豊富なベテラン層が中心になっているのですが、今後はベテラン層への依存度を下げつつ、将来を担う若い世代に開発だけでなく、運用・保守も積極的に任せる事で、トータルとしての技術や知識の伝承を図りたいと考えています。

仕事で大切にしていることは?

 常に相手の立場に立ち、本質的な課題を一緒になって検討するというソリューションを実践し続ける事です。もう少し言葉を足すとすれば、そもそも言われたことだけをやる会社で要件を満たすのであれば、お客様から見れば我々ではなく、他社へ発注されるかもしれません。しかし当社は他社には無い大きな強みがあります。それを一言で表せば「お客様業務を知り尽くし、他のシステムベンダーでは気づきえない本質的な課題を解決するシステムを提供する事が出来る」という点なのです。すなわち正にこれこそが、我々の存在価値といえるのです。
 そのためにも、鉄鋼に関する専門知識と高い技術力を兼ね備えた真の鉄鋼SIerを、全員がめざす集団でありたいと思っています。

仕事のやりがい・面白さは?

 この仕事には、概念という形の無いおぼろげな状態から、「システム(ハード・ソフトの集合体)」という形有るものをつくり上げていくという面白さがあります。しかも単にプログラムを指示どおりに作成するだけのものづくりではなく、お客様に対して、自らのアイデアで様々な提案ができる。それがお客様に認められ、プロジェクトとして立ち上がり、中心的立場で推進していく事ができる。その中では時には壁にぶつかる事もありますが、それを乗り越えたときの達成感や大きな自己成長もある。そして更にその先には、お客様からの「ありがとう」や「便利になったよ」の言葉や、日常業務を通じて頼っていただけるやりがい、苦労して構築したシステムを、日々有効に活用して頂けているという、うれしさが待っています。
 そのような思いから、現在でも管理だけに徹する事なく、自ら先頭に立ってプロジェクトを推進し、つねに課題と対峙しながらお客様とともに真剣に取り組むことで、一つひとつ解決に導き、周囲からの信頼につなげています。部下の成長・グループの成長がリーダーとして最大の喜びですが、自分自身も「知識」や「実行力」を更に身につけ、今後も成長し続けたいと考えています。

これまでの仕事で特に印象深い経験は?

 鉄鋼サプライチェーンを導入する事で、直接のお客様だけでなく、「その先のお客様」とも連携する仕組みを構築したことが強く印象に残っています。お客様業務にだけメリットがある一方的なシステム構築ではなく、「その先のお客様」にとってもメリットのある機能が必須でした。苦労しながらも、所内だけでなく商社や需要家といった多岐にわたる相手先へのご説明と情報収集を行った結果、両者が納得する仕組みをつくり上げることができました。この他では、製鐵所の突発停電による影響で、所内の一部設備が一時的に稼働出来なくなってしまう状況が発生した事がありました。とはいえ必要な製品の製造は継続しなくてはなりません。なぜならば「我々の鉄」を待っているお客様が国内外にたくさんいらっしゃるからです。その為急遽、他の製鐵所と連携して操業を行うという極めて難易度が高く且つ事前事例の無い仕組みを、僅か半月ほどの突貫でつくり上げたこともあります。「鉄は産業のコメ」という言葉がありますが、鉄がどれほど日本の産業にとって重要で且つ欠かせないものであるかを本当に実感した、忘れられない経験です。

グループとしての今後の目標は?

 シンプルではありますが、「お客様以上にお客様業務に精通し、新日鐵住金名古屋製鐵所殿を支える会社であり続けること」が、今後の目標です。

NS中部の強み 求める人材 数字で見るNS中部

Pickupインタビュー 質問しました

仕事について 教育・育成 福利厚生 オフィス紹介


採用情報

2018年度の募集について

採用担当メッセージ »

採用の流れ・FAQ »

企業説明会はこちら »

募集要項はこちら »

当サイトについて個人情報保護ポリシーについて
Copyright 1996-2017 NS Solutions Chubu Corporation,All Rights Reserved.