Recruit

質問しました

次世代を担う


新技術に挑みながら、
世界規模のシステムを構築。

業務ソリューション事業部 システムエンジニアリング第二部 第三グループ[2015年入社]
小澤 知紀

この会社を選んだ理由は?

 私は大学では情報工学を学んでいました。そこで学んだことを生かす事の出来る地元愛知の会社を希望していたところ、条件に合う会社の一つとしてNSソリューションズ中部と出会いました。
 会社説明会では、4カ月の全社研修と1カ月弱の鉄鋼研修でスタートアップをしっかりとサポートすると説明を受け、教育や育成に対する積極性な会社の姿勢を感じた事と、グループの総合力を背景にもつ技術力の高さ、充実した福利厚生も決め手となり、入社を決意しました。

実際に働いてみてどうですか?

 東京で行う新入社員研修では、社会人・技術者としての基礎を学べただけでなく、全国のグループ会社同期との人脈も得ることができました。配属された後も、上司やコーチャーからの丁寧な指導や、グループ会社の同期とも勉強会を実施するなど、意欲的な姿勢を忘れず取り組んでいます。徐々にですが、仕事にも慣れてきたと思います。

現在の仕事内容は?

 製造業のお客様を担当し、設計業務・図面データを管理するパッケージソフトのカスタマイズを手がけています。パッケージの動作検証と、カスタマイズの設計・実装が、現在の私の役割です。
 東アジア・東南アジア・北米のユーザーが利用する全世界規模のシステムで、お客様の製品設計から部品管理までを共通のプラットフォーム上で実行することにより、管理コストの圧縮を図ること。また同時に、トレーサビリティの向上による製品品質の向上をめざします。
 技術的にも高度なものに触れる事が出来ていて、それはそれで少し大変な事もありますが、とても刺激を受けることが出来る環境です。パッケージソフト独自の用語がとても多いので、他のプロジェクトメンバーと会話する時には正しい単語を用いて、意思疎通に齟齬が生じないよう注意しながら進めています。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 最近苦労した事と言えば、パッケージソフトをお客様向けにカスタマイズする仕事で、カスタマイズの検証中に不具合原因の特定に時間がかかり、スケジュールが厳しくなったときは、少し焦りましたね。
 その半面、嬉しかった事は、「こんなの無理でしょ!?」と思うようなカスタマイズの検証を依頼されたときに、先輩と相談しつつ解決策を探し、検証内容をクリアして無事画面が表示されたときですね。大きな達成感を感じることが出来ました。

これからの目標はどんなことですか?

 パッケージソフトのより深い知識を獲得して、お客様の要望に沿った実現策を提案できるようになることです。「この分野は、俺にまかせろ」と胸を張って言えるレベルに到達したいですね。社内には類似のパッケージソフトに精通した先輩エンジニアもいますので、いろいろ相談しながら早く身に着けたいと思っています。

職場や会社の気に入っているところは?

 チームリーダーを中心として、和気あいあいと、また、ざっくばらんに意見のやり取りができる点です。困ったことがあればすぐに聞ける職場の雰囲気も気に入っています。

これから入社する人へのメッセージ

 入社当初は、情報系以外の学部・学科出身の社員がたくさんいる事に最初は驚きましたが、出身は異なれど、みなさんそれぞれの得意分野で意欲的に働いています。
 冒頭述べたとおり教育・育成制度がとても充実している会社ですので、「やる気と粘り強さ」があれば、誰でも活躍できる環境があります。希望すれば先輩社員との面談にも気軽に応じてくれますので、分からない事、不安な事があれば、積極的に質問してくださいね。


頑張りを認めてくれた上司の言葉で、
失敗を乗り越えられた。

業務ソリューション事業部 システムエンジニアリング第二部 第一グループ[2014年入社]
片山 将文

この会社を選んだ理由は?

 就活開始当初は様々な業種・職種を検討していましたが、徐々にモノづくりに関わる仕事がしたいと考えるようになっていきました。また、就職先は地元の愛知県を希望していました。NSソリューションズ中部と出会ったのは、同じグループ会社である新日鉄住金ソリューションズのジョブマッチングの際に、担当者から「愛知県で就職したいなら、NSソリューションズ中部という地域のグループ会社もあるよ」と教えて頂いた事がきっかけです。NSソリューションズ中部の会社説明会・ジョブマッチングを通じて、この会社の特徴である、大企業向けのシステム開発をオーダーメイド中心に行っている事や具体的なシステム開発事例等を詳しく知る事が出来、働き方のイメージを深めていきました。
 入社の決め手は、会社説明会やジョブマッチングでお会いした個性的で優しい「先輩社員」。私の目には皆さんとても優秀で、生き生きと仕事をしているように映り、「こんな皆さんと一緒に仕事がしたい!」 と強く思い、入社を決めました。また、教育面が充実しているとの説明を受け、ITスキルにはあまり自信がなかった自分でも、頑張れば先輩の方々のように成長していけるのではないか、と考えました。

実際に働いてみてどうですか?

 先輩方がやさしく優秀だと感じていた点は、その通りでした。業務内外を問わず、先輩たちには助けられてばかりで、早くこんな先輩たちのようになりたいと思っています。また、事前の説明どおり、研修もとても充実していました。私の場合、特に入社前の予想と違っていたことはありませんね。

現在の仕事内容は?

 私は自動車関連のお客様に関するシステムを担当していますが、現在は生産に関わる工数や時間、コスト等の見積もり算出を支援するシステムの開発を担当しています。過去の生産工程検討実績データをデータベース上で一元管理することで、検索等を高速化するだけでなく、過去の類似事例との比較も簡単にできる機能を設ける等の仕組みを構築する事で、より短時間で高精度な見積もり結果の算出が出来る事を目的としています。
 私はその中でも重要な、インターフェース部分を担当しています。いわゆる画面設計ですね。いくら精度の高いデータが作成できても、その結果の確認がわかりづらいものでは意味がありません。お客様やチームとのコミュニケーションを密に取りながら丁寧に進めることを心がけています。それ以外にも常に意識している事があります。それは「目的意識を持つ」こと。配属されて間もない自分は、与えられた作業内容の目的を正確に理解出来ていなかったため、作成した資料について、お客様にご理解頂けなかったという事がありました。その反省から今は、まず何が目的なのかを明確にしてから仕事を進めるよう常に意識しています。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 やりがいを感じるのは、お客様や上司、チームメンバーから前向きな姿勢を評価して頂いた時ですね。「最近、頑張っているね」と声を掛けて頂いたり、「今回の画面は前よりずっといい」など、自らの工夫に気づいてもらえたとき等は、とても励みになります。
 辛かったのは、自分が大きな失敗をしてしまったときです。再発防止策の作成では、上司につきっきりで指導していただきました。失敗をゼロにする事は難しい事ですが、同様の間違いを繰り返さないよう、今以上に一つ一つ丁寧に仕事を進めていきたいと思っています。

これからの目標はどんなことですか?

 チームリーダーとして、受注したプロジェクトのマネジメントが出来るだけでなく、営業スタッフと一体になって、お客様に様々な提案ができるシステムエンジニアになることです。そのためには、今以上にプロジェクト全体について冷静に把握出来る力が必要だと感じています。それ以外にもまだまだ学ぶべきことは多いですが、あせらず着実に成長していきたいです。

職場や会社の気に入っているところは?

 職場は非常に個性的な先輩がたくさんいらっしゃいます、そして皆さんとても親切です。また、飲み好きの人は多いけれど強制はしないという雰囲気は非常に気に入っています。
 仕事についても、システムエンジニアという仕事は人と話す機会がとても多く、私のやりたかった仕事と合致していてすごく気に入っています。待遇については・・・、私のように入社2年目で結婚できる程度には貯金できます(笑)。

これから入社する人へのメッセージ

 困ったときに相談しやすい環境は整っていますので、ぜひ飛び込んできてください。逆にうまく相談のできる人、新しいモノ好きな人は、この仕事に向いていると思います。IT経験者・未経験者、男性女性問わずお待ちしております。一緒に頑張りましょう!


お客様の収益向上が、
数字として見える手応え。

鉄鋼ソリューション事業部 第二統括グループ 薄板操業グループ[2014年入社]
石井 寛之

この会社を選んだ理由は?

 この会社の社員の多くは中部地区出身なのですが、私自身は中部地区とは縁もゆかりもない生粋の九州男児です。大学も九州の学校でした。そんな私がどうしてこの会社に入社したかというと、私はもともと新日鐵住金グループにとても興味があり、且つ私自身の専攻である情報系の技術や知識を活かせる企業グループである、新日鉄住金ソリューションズグループ各社にエントリーしました。グループ会社は全国にありますが、特に働く場所にこだわりはなかったですね。
 数あるグループ会社の中でもNSソリューションズ中部に最終的に決めた理由は、若手先輩社員や人事の方との対話で、感覚的に自分に合っていると思ったからです。上下関係をあまり感じない風通しの良さそうな環境だと感じ、ここなら自分らしく働けそうだと考え、入社を決めました。

実際に働いてみてどうですか?

 入社前に感じた通り、誰にでも気軽に相談できる雰囲気があります。人間関係で悩む事は今のところ無いですね。技術力の高さは想像以上でした。特に驚いた事は、予想以上に社員一人ひとりが主体的に動かなければならない点です。入社3年目くらいまでは先輩の指示どおり「作業」をする事が中心かと思っていましたが、若いうちから自分で考え、学び、取り組む事が必要な、いわゆる主体性が求められる仕事がアサインされます。それはそれで大変なところもありますが、私自身はとてもやりがいを感じます。また、社員一人ひとり、仕事に対する責任感がとても高い事にも驚きました。

現在の仕事内容は?

 生産ラインから24時間365日送られて来る膨大なデータを集計・解析するシステムの構築を行っています。現場から上がってくる実績データを受け、管理部門が集計・解析することで、生産ラインの様々な状況が素早く且つ定量的に把握する事が可能になります。そこで得られた解析結果を生産ラインにフィードバックする事で、最終的には生産ラインの生産性向上やコスト削減に寄与する事が最終目的です。この案件で私は、現状分析から企画、設計、製作まで中心となって取り組んでいるのですが、現在はお客様の要件を満たす為の最適な技術を調査・検討しています。また、実は現在この案件以外にも幾つかの案件を並行して進めているのですが、チームで協力しながら、しっかりと優先順位を付けて取り組むことを大切にして、すすめています。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 自身が導入した仕組みによって、「具体的にどのようにお客様の業務が改善されたか」、「どのくらいコスト削減に寄与出来たか」を、定量的に数字として教えて頂いたときは手応えを感じられます。
 業務の変化スピードの速さに追従しながら、進むべき方向性を正しく理解し、それに寄与出来るシステムを提案する事は大変な事もあります。しかし、業務内容が複雑だからこそもっとも基本的な「システム要件」を徹底的にお客様と対話し明確に整理することがとても大切な作業となるのです。「システム要件」が正確であれば、設計・製作工程の見積り精度も上がりますし、見積り精度が上がれば実行スケジュールの遅れや手戻りも少なくできます。難易度が高いからこそ逆に、基本に忠実に手を抜かず進めることが大事な事だと、業務を通じて実感しています。

これからの目標はどんなことですか?

 「まずはNSソリューションズ中部の石井に相談してみよう。」とお客様から言っていただけるように、今以上の信頼関係を築きたいですね。そのためにも、日々の業務を通じて信頼を勝ち得る事や、更なる業務知識・ITスキルの向上に努めたいと思っています。

職場や会社の気に入っているところは?

 社員同士が過度に干渉しない、適度な距離感が心地よい職場です。若手に活気があるのも当社のよさだと思います。
 社員のワークライフバランスを大切に設計された各種福利厚生制度や、それを有効に活用しようとする社員の姿勢も浸透しています。

これから入社する人へのメッセージ

 中部地区の発展にITを通して貢献していきたい人、アットホームな環境で学び成長していきたい人に向いている会社だと思います。研修制度も充実しているため、ITスキルに自信のない方でも、安心して成長することができると思いますよ。


お客様に、チームメンバー。
人とのふれ合いが最大の魅力!

鉄鋼ソリューション事業部 第四統括グループ 一般管理グループ[2012年入社]
橋本 祐樹

この会社を選んだ理由は? 

 私は大学進学の時点で、ITや情報系に興味を持っていたので、それらを学べる学部に入学しました。大学時代の授業や研究を通じて、それらに関する興味がより一層深まり、就職活動でもIT関係の企業に就職したいと思っていました。IT関係の企業と言っても特徴や業務内容は千差万別であり、またシステム自体は実際に目や手に触れるものでは無い為、対象企業を絞り込むには正直苦労しましたが、就職先を選択するにおいては、しっかりとした自分自身のブレない基準が重要だと就職活動を通じて強く認識しました。そこで私は、かねてから人と話すことが好きだったことから、業務の中で多くの人と対話する事ができる機会が多い会社を目指そうと考え、志望先の中で最も希望に合致したこの会社を選びました。

実際に働いてみてどうですか?

 NSソリューションズ中部は、新日鐵住金名古屋製鐵所殿の鉄の製造に関する多岐にわたる業務をITの力で支えており、「単にお客様の指示どおりのプログラミングをするのでは無く、実際にシステムを利用されるお客様と密に関わり、問題点の発掘や改善方法を検討する事が業務の中心となる」、と会社説明会で聞いていました。私は現在、製鉄業に携わっていますが、職場である東海事業所は、新日鐵住金名古屋製鐵所殿の構内に位置している為、お客様との距離が非常に近く、密なコミュニケーションを取ることが日常的です。IT系の企業には、お客様とのコミュニケーション頻度が多い会社と少ない会社がありますが、その点当社は、お客様との頻繁な対話を通じて、現状課題の本質と目指すべき改善の方向性を明確にした上で、次行程の設計フェーズに進みます。会社説明会で説明を受けたとおり単なるにプログラミングをするだけとは全く異なる業務内容で、コミュニケーション頻度に恵まれており、人と接し、一緒になって良いもの、新しいものを作り出す事が好きな私としてはベストな会社だなと感じています。

現在の仕事内容は?

 新日鐵住金名古屋製鐵所殿の一般管理系業務に関するシステムを担当しています。
 直近では、所内生産量の社外報告資料の自動作成システム開発案件に携わっています。
 自分がリーダーとして中心となり、チームメンバーと協力し合いながら進めていますが、仕事の中で最も意識していることは「チームワーク」。開発チーム一丸となって仕事に取り組むことを大切にしています。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 一番のやりがいは、お客様からの「ありがとう」の一言です。
 ときにはお客様から厳しいご指摘をいただくこともあれば、システムの本番稼働間近などのピーク時に業務量が多くなり苦労する事もありますが、その分お客様から感謝の言葉を直接いただいたときの達成感は、なにものにも代えられない大きなものです。

職場や会社の気に入っているところは?

 入社理由にもありますが、お客様と密にかかわることができる会社です。
 私は人と話すことが好きなので、多くのお客様と直接対話できる機会が多いことが、この会社の一番の魅力だと思います。懇親会やゴルフに誘っていただくことも多くあります。(ゴルフと言っても、ご接待ではありませんよ(笑))。

これから入社する人へのメッセージ

 いちばん大切なのは問題の本質を見抜く為、多くの人の意見を聞き、対話し、そして協力し合うことです。お客様との打ち合わせを繰り返して改善の方向性を見定め、それを実現する為のシステム仕様を設計し、その設計書を元にチームで開発していきます。
 開発したシステムをお客様とともに確認し、問題がなければチームで本番切替と、お客様との稼働確認。そして最後に打ち上げの飲み会(笑)。最初から最後まで、人との関わりなしでできる仕事はありません。
 当社が作るシステムを私なりに一言で表すならば、それはすなわち、これまでご苦労された先人の方々を含め、いろいろな人達の様々な思いがたくさん詰まった心の通ったものなのです。様々な方に使っていただく大きなシステムに自分の思いを乗せられる仕事って、そんなに多くは無いと思いますよ。人と話すことが好きな人、チームでのモノづくりが好きな人、システム作ったことないけど面白そうだな、やってみたいなと思う人。これらに興味がある方、一緒に頑張ってみませんか。


システム開発は、
誰かの願いを叶える仕事。

業務ソリューション事業部 システムエンジニアリング第二部 第一グループ[2012年度入社]
横田 了亮

この会社を選んだ理由は?

 「SIerである」、「地元で働ける」、「経営体質の安定感・安心感がある」という、私が希望していた3つの条件をすべて兼ね備えていたため選考を受けました。入社の決め手は、選考を通して接したこの会社の様々な社員の方々の、印象や雰囲気ですね。いわゆるフィーリングです。
 実際に仕事をするようになって、入社前のイメージと大きく違っていたのが、担当するお客様企業の規模です。入社以来、7社のシステムに携わってきたのですが、いずれも想像もしていなかった超大企業ばかりで、こんな企業相手に仕事ができるのか!と初めのうちは驚きの連続でした。
 また、新日鉄住金ソリューションズと連携して仕事を進めることも多いのですが、高い一体感の元で密接に連携しながら業務を遂行している事にも驚きました。

現在の仕事内容は?

 自動車部品メーカー様向けの、EUC(エンド・ユーザー・コンピューティング)推進と支援を行っています。BI(ビジネスインテリジェンス)パッケージソフトを軸にシステム基盤を整備し、お客様の「こんなことがやりたい!」を実現しています。
 私はフロントエンドエンジニアとして、ユーザーへのヒアリングから仕様整理、実装、ユーザーサポートといった一連の業務を一手に担っています。近年、BIによる「情報の見える化」に対する期待やニーズは非常に高まっています。私が担当している企業様も同様で、企画、製造、財務、調達、人事等、あらゆる部署や業務担当者からご要望があります。
 要望の内容も多岐にわたりますが、「コストダウン実現に向けた実績分析」「製造ラインの異常検出」「製品の故障傾向分析」といった、「より良いモノをより良いカタチでつくるため」の仕組みづくりを相談されることがほとんどです。中には全社・全世界の数千人規模のユーザーが活用できることを望まれるものも多く、規模としても大きなものです。
 パッケージソフトがベースになるとはいえ、仕組み自体はほぼオーダーメイドとなるため、柔軟な発想が必要で、毎回まったく違った難しさがあります。
 このような仕事で私が常に心がけているのは、お客様ときちんと「対話」をすることです。これはお客様がお困りの事、望んでいる事を余すところなく聞き出す為なのです。また、お客様のご要望を本当に実現するためには、お客様自身すら気づいていないさまざまなノウハウを引き出すことがとても大切です。単に相手の話を聞くのではなく、システムのプロとして、相手に取材・インタビューをする心構えを常に持つようにしています。難しい事ではありますがとても大切な事ですので、苦労も多いですが粘り強く取り組んでいます。

仕事の面白さや、苦労する点は?

 実現したシステムにお客様が初めて触れ、さまざまなリアクションが見られる瞬間にやりがいを感じます。「対話」を重ねた相手の反応がダイレクトに見られるというのは、当然緊張もします。でもそれ以上に、自分が誰かのためにモノづくりをしている事を実感できます。お客様から「すごい」、「本当に実現できたね」といった言葉と笑顔をいただけると、仕事を抜きにして純粋に、頑張ってよかったと思います。
 この仕事はとにかく覚えること、知らなければいけないことが多いので、その点には難しさを感じます。しかも、通常のシステム開発では、ある特定の業種や業務に関する知識を身につけてしまえば、それが応用できるものです。しかし、私の場合はどんな相手からどんな要望が来るか、実際に話を聞くまでまったく予想ができないため、それでは不充分です。とにかく、常にまっさらな気持ちで相手と向き合って、なおかつ知り得た内容はすべて記憶する必要があります。頭がパンクしそうになることも多いですが、知識や知見の広さがものを言うこの業界で生きていく上で、ものすごいチャンスを手にしていると前向きに取り組んでいます。

これからの目標はどんなことですか?

 担当するお客様の躍進に寄与するシステム提案を、自ら行えるようになることが目標です。
 今はまだ、お客様の要望ありきでしか動くことができていません。ですが、要望が出ていなくても、システムを導入することで劇的によい方向へ進む可能性がある箇所は数多く存在します。それらに気づき、導いてあげられるような人間になっていきたいです。

職場や会社の気に入っているところは?

 いい意味で(?)ユルいところです。年齢や職位に関係なくきちんと話ができ、ものを言える雰囲気なので、非常にありがたいです。ただ、私個人の性格上、生意気になりすぎてしまうので、諸先輩方にとってはよいことばかりではないのかもしれませんが(笑)。
 会社としても若手に期待をしてくれて、いろいろな仕事を任せてくれる点もありがたいです。多彩な仕事を経験できる分、自分の頭を使って考える力もつき、視野も広がります。
 当然苦労もありますが、頑張った分だけ確実に自己成長に繋がりますので今後も今の姿勢を忘れずに前向きに取り組んでいきたいと思っています。

これから入社する人へのメッセージ

 「ITソリューション」とは、究極的には「誰かの願いを叶える仕事」です。決まったものをつくればいい仕事とは真逆の立ち位置にあります。
 そのためには常に学び続ける姿勢がとても重要になりますし、本当にたくさんの人と関わり合いも持たなければいけません。当社の募集要項には「文理不問」とありますが、実は文理不問ではなく、「文理両道」が求められるんだと仕事を通じて気づきました。
単にコンピュータに興味がある、プログラミングに興味がある、というだけの人には正直お勧めできません。向き合う先はコンピュータではなく、その向こうにいる誰かです。
 そこさえ理解できれば、この道に進んで理想の仕事ができるはずです。苦労もありますが、得られるものは本当に大きいです。「文理両道」を極めたい方は、ぜひ私と一緒に取り組んでみませんか。

NS中部の強み 求める人材 数字で見るNS中部

Pickupインタビュー 質問しました

仕事について 教育・育成 福利厚生 オフィス紹介


採用情報

インターンシップへの募集について

採用担当メッセージ »

採用の流れ・FAQ »

インターンシップエントリーはこちら »

当サイトについて個人情報保護ポリシーについて
Copyright 1996-2017 NS Solutions Chubu Corporation,All Rights Reserved.