Recruit

Pickupインタビュー

ゼロからスタートしたこの道で、 いないと困る存在をめざします。鉄鋼システム事業部 第3統グループ 厚板Gr[2016年入社] 渡邉 晃子

やりたい仕事を、ずっと続けていけそうな会社。

大学院の専攻は生化学。ITはまったくの異分野でしたが、地元の東海エリアで、お客様のオーダーに合わせ一からモノをつくる仕事に携わりたいと考えて見つけたのが、SIerでのシステム開発でした。中でも当社を選んだ理由は、説明会で出会った採用担当者から感じられた明るい社風と、「大学での専攻は関係ないよ」という言葉への安心感。そして、入社後じっくり時間をかけて行われる充実した研修制度。ここなら初心者の私でも、仕事を楽しめそうだと思いました。説明会に登場した先輩の、「私たちが相手にしている鉄鋼製造の世界は、まだアナログな業務も多く、システム化の余地が多く残されている。現場へも足を運びながらシステム開発ができるのは当社の強み」という仕事内容にも魅力を感じました。また、将来、仕事を続けていくうえで、産休や育休の制度も気になりましたが、実際に取得した同じ大学・学部出身の先輩に会う機会を設けてもらえました。現在の配属先は、その先輩と同じ職場。この先、長く働けそうな確信は、ますます強くなっています。

模擬プロジェクトで、自分の強みを発見。

入社前の研修では ITの経験別クラスに分かれ、プログラミングの基礎の基礎から習得。入社後は、ビジネスマナーやロジカルな思考方法、ネットワーク技術など、東京や関西などのグループ会社の同期たちと一緒に、順を追って習得していきました。特に大きな学びとなったのが、最後に1カ月間ほどかけて行われた「システム構築研修」。お客様役の講師から要望をヒアリングし、グループで設計とプログラミングを行ってシステムをつくり上げるのですが、どのようなシステム構成にするか、要望の変更や追加をどこまで聞き入れ納期までに完成させるかといった問題が、次々と立ちはだかります。それまでの研修では別のクラスだった、ITスキルの高い人たちと一緒に進める中で、私も自分にできることは何かと考え、プログラムのテストや文書作成などを積極的に引き受けました。技術面が未熟な私にも、意外にできる役割があったのは大きな気づき。また同じグループには、驚くほど論理的な思考の人など、それまで身近にいた人とは違うタイプの人も多く、いろいろな人と一緒にシステムを構築していく仕事をイメージできたことも貴重な収穫でした。

先輩に見守られ、SEとしての第一歩を。

現在は製鉄所のシステムを手がける部署に配属され、コーチャー(育成担当)の先輩の下、少しずつ実務を任されています。コーチャーはきめ細かく教えてくださる方で、私が研修で学んでいない言語が必要になったときは、つきっきりで指導。おかげで配属から3カ月経った今では、お客様が使用しているプログラムの改良を、アドバイスを受けながら、ある程度、自分で進められるようになりました。現場へ鋼材の製造工程を見に行くなど、お客様の業務内容を理解しながらシステムを考える楽しさも味わっています。多くの先輩が同じフロアにいるため、コーチャー以外の先輩方にも気軽に質問できるし、昼休みにお弁当を食べながら誰かと雑談していると、他の先輩も自然に加わります。女性の先輩とは、女子会も開催しました。こんな和やかな環境の中、将来はコーチャーの先輩のように、いないと困る存在になることが目標。「この分野は渡邉に訊けばいい」と言われるくらい何かをきわめ、プロジェクトをスムーズに動かせるSEになりたいと思っています。

NS中部の強み 求める人材 数字で見るNS中部

Pickupインタビュー 質問しました

仕事について 教育・育成 福利厚生 オフィス紹介


採用情報

インターンシップへの募集について

採用担当メッセージ »

採用の流れ・FAQ »

インターンシップエントリーはこちら »

当サイトについて個人情報保護ポリシーについて
Copyright 1996-2017 NS Solutions Chubu Corporation,All Rights Reserved.